医務室での看護師の仕事

企業の医務室に勤務する看護師は、病院やクリニックに勤務する看護師のように、比較的ルーチンワークを主体に進める勤務形態ではない。その企業に勤める人々の怪我や病気の治療はもちろんのこと、通常勤務から生じるこころの病などに対するケアも役割に含まれている。

また、学校の医務室に勤務する看護師も、通常の看護業務のほかに、インフルエンザの予防接種や、生徒たちの諸々の健康に関わる相談にも応える役目もある。かように、医務室勤務の看護師は、単に看護師としてのスキルを身につけているだけでなく、コミュニケーション能力も要求される職場だ。

つまり、医務室勤務の看護師は、その企業で働く社員に積極的に声をかけ、常日頃から健康チェックをしていることも重要な役割である。普段の仕事から生じる肉体的や精神的プレッシャーなどで、こころの悩みを抱えている社員も増加傾向にある。症状が進行して深刻化しないうちに、予防の手助けをするのも、企業の医務室勤務看護師の重要な役割のひとつだ。

これは、学校の医務室勤務の看護師にも要求される役割である。最近では、親からの虐待や、友人からのいじめ問題も悪化傾向にある。日常から生徒たちとのコミュニケーションを通じて、学校の先生や親御さん達と連携しながら、生徒の不安や悩み事の解消に努めなければならない。

病院勤務の看護師と違って、一人で様々な仕事をこなさなければいけない医療室勤務看護師は、大変な職場といえるかもしれませんが、非常にやりがいのある職場でもある。また、病院勤務に比べれば、肉体的に楽で長く働ける職場でもある。